2011年 10月 30日

近江路・仏女ブロガー旅紀行 16 ~琵琶湖ホテル(2)~

さあお待ちかねの夕食です。
琵琶湖ホテルさまからはあらかじめご連絡をいただいており、「洋食バイキング」か「和食」かどちらを?と聞かれておりました。
私は和食を選択。
ホテル内のレストラン「日本料理おうみ」でいただきました。

a0191088_201141.jpg

フロアに竹が設えられるなど、和モダンな雰囲気。
源氏物語をテーマにしているそうです。

a0191088_2064579.jpg

お品書きには「お江膳」と記されています。
おお、昨年の暦女ツアーに続いて、今年も“お江”の膳♪
NHKの大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」も残すところあと僅か。 クライマックスが近づいてきているようですね。

さてさて、どんな料理が運ばれてくるのでしょう?




a0191088_21355312.jpg

飲み物はジンジャーエールをオーダー。 まろやかなお味でした。

a0191088_21365822.jpg

運ばれてきたのは、松華堂。
まるで玉手箱のようなその蓋をそっと開けると…

a0191088_2140388.jpg

取肴
向附 間八
鉢物 鮎甘露煮
小鉢 小松菜胡麻和え

a0191088_21414540.jpg

近江の特産品、赤こんにゃくは色が赤いだけかと思いきや、唐辛子が効いてピリ辛風味。
私はいつも閻魔様が抜いた舌を想像してしまいます。。

a0191088_2145911.jpg

近江牛は陶板でジュウジュウ。
幸せの音♪

a0191088_21454141.jpg

裏返して、と。
割としっかり目に焼いた方が、旨味がじゅわっと出てきて美味しく思えました。

a0191088_21474782.jpg

長浜名物の焼鯖素麺。
甘辛く煮た焼鯖と素麺との一体感が至福のひと時をもたらしてくれます♪
京都にはニシン蕎麦がありますが、私はこちらの方が好み。
もっとメジャーになってもいいのに。 いやいや、今くらいのローカルさの方が…
なんてひとしきり勝手に悩んだ後は…

a0191088_2154342.jpg

吸物 銀杏真丈 榎木茸 赤出汁
御飯 棚田米(高島市畑地区産) 香の物
御飯はお代わり自由です。

a0191088_21562912.jpg

水物は守山メロンでしょうか? 聞きそびれました。

近江の特産をふんだんに取り入れた料理の数々。
ゆったりと流れる時間の中で、とても美味しくいただくことができました。
ごちそうさまでした。
[PR]

by esu-san | 2011-10-30 22:05 | 近江路・仏女ブロガー旅紀行


<< 近江路・仏女ブロガー旅紀行 1...      近江路・仏女ブロガー旅紀行 1... >>