京都no時間

esusan.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 30日

京都清宗根付館

壬生寺の斜め向かいに建つ重厚な建物は、京都清宗根付館
根付専門の美術館というのも珍しいですね。
ちょうど「春の根付特別企画展」が開かれていたので、訪れてみました。
展示・製作テーマは「愛」です(笑)。

a0191088_18142785.jpg

この建物は文化財として指定を受けている「旧神先家住宅」。
約200年前に建てられた武家屋敷はとても丁寧に改修・保存されており、もうそれだけでも一見の価値ありです。
確か以前は「カフェド武家屋敷」として営業されていたような記憶が…(それにしてもすごいネーミング)。





a0191088_18183928.jpg

残念ながら展示されている根付はもちろんのこと、建物の内部も撮影不可でしたが、
いやはや圧倒されました!
精巧の極致とも思われる根付の数々。 一つ一つがものすごい値段なんだろうなぁ。。
これぞ日本人の得意技、かと思いきや外国人の作品もあり…
でも日本人のそれとは微妙に作風が違うように感じられるのですよね。
わびさびの表現というか、ユーモアのセンスというか。

a0191088_1826568.jpg

建物内部の照明は適度に落とされており、外光をうまく取り入れて陰翳を強調する心憎い演出。
また廊下に敷かれた緋毛氈の下にはクッション性のものが敷かれており、歩くとフワフワ。
歩く時もどすどすギシギシ音を立てることなく、また足にも優しい細やかな心配り。
おくどさんの前では根付製作のDVDを鑑賞しながら温かいお茶もいただけるという、至り尽くせりのおもてなし。
まあ、要するに感動したわけです!

春の公開は4月30日まででしたが、季節ごとに期間限定で公開されるようです。
またHPから割引券を印刷して持参すると、入館料が少しお得に。
訪れる人も少なく、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。
ここは値打ちがありますよ!
[PR]

by esu-san | 2012-04-30 18:44 | 日記


<< 山吹      京都市動物園 >>