2012年 09月 04日

拾翠亭

御所の中にある九條池と拾翠亭は、五摂家の一つであった九條家の屋敷内に設けられた庭園の遺構です。
春から秋にかけての毎週金・土曜日に一般公開されており、拝観料はなんと100円!

a0191088_1621117.jpg

丁子七宝という紋章の透かし彫り。
こういう古来の意匠・デザインにとても惹かれるものがあります。



a0191088_16255635.jpg

百日紅が満開に咲いており、皆さん縁側に座って、しばしその素晴らしい景色に見惚れておられました。

a0191088_1629583.jpg

二階に上がって、今度は少し高い目線から。
びゅううと涼風が吹きぬけていき、その気持ち良さといったらもう。。

a0191088_16311635.jpg

簾越しに百日紅。
そうそう、御所にニホンザルが出没したらしいですね。 お気を付けください。

a0191088_16324036.jpg

再び一階に下りて。

a0191088_1634394.jpg

真っ黒になってしまいましたが、小間の壁は「ほたる壁」といい、白い点々が浮かび上がる模様が特徴らしいです。

a0191088_1636694.jpg

四阿(あずまや)の丸窓は固定されていないので、風に吹かれるとゆらゆら揺れ動きます。

a0191088_16425232.jpg

九條池に落ちた百日紅の赤い花が排水溝のところに溜り、花筏の様相を呈していました。
まだまだ厳しい残暑の折、一服の涼を得て心地よいひと時を過ごしました。。
[PR]

by esu-san | 2012-09-04 22:10 | 寺社仏閣


<< 粘土      京都水族館 >>