京都no時間

esusan.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 23日

近江路・ビワイチ旅紀行 10 ~雨森芳洲庵~

雨森芳洲をご存知ですか?

【雨森芳洲】
 江戸時代に高月に生まれた儒学者。18歳の頃に江戸に出て木下順庵門下生となり、のちに対馬藩に仕えて朝鮮との交流に尽力した。

a0191088_2254298.jpg


雨森芳洲庵は地元に人々の熱意により、国際交流と湖北文化の伝承を願って、生家と伝わる本家跡地に建てられたとのこと。
芳洲の志を継ぐ活動の拠点として活用されているそうな。

どれ、中に入ってみましょう。





a0191088_229591.jpg

ハングルで、いらっしゃいませ。

a0191088_22104473.jpg

大広間には何もない・・・ と思いきや、何やら飾ってありますね。

a0191088_2212544.jpg

これは朝鮮通信使の食事、だったかな?(メモし忘れました…)

a0191088_22143735.jpg

手作り感あふれる朝鮮通信使すごろく。

a0191088_2215232.jpg

図絵巻も飾られていました。

a0191088_22162274.jpg

展示スペースには芳洲の像をはじめ、著書、朝鮮通信使の資料などが整然と並べられていました。

a0191088_22182469.jpg

お庭は一見、殺風景、シンプルともいえる作りですね。
朝鮮仕様なのでしょうか。

a0191088_2219548.jpg

そして庭の片隅に咲くのは、木槿(むくげ)。
確か韓国の国花ですね。韓国ではムグンファと呼びます。

a0191088_2223533.jpg

ここ雨森芳洲庵は東アジア交流ハウスともいい、国際交流や人権学習、まちづくりなど様々な講座やイベントに活用されているそうです。

何かと不安定な昨今の情勢。
だからこそこうした努力、こうした活動が大切なのかもしれませんね。。
[PR]

by esu-san | 2012-10-23 21:58 | 近江路・ビワイチ旅紀行


<< 近江路・ビワイチ旅紀行 11 ...      近江路・ビワイチ旅紀行 9 ~... >>