京都no時間

esusan.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 02日

恵方回し

「恵方」とは、陰陽道でその年の干支により定められた最良の方角のこと。

a0191088_22241770.jpg

神泉苑の境内にある恵方社は歳徳神という神様を祀っており、毎年、大晦日の深夜に新年の恵方に向けてそのお社の方角が変えられるという、全国でも唯一のとても珍しいお社です。

・・・ということは知ってはいましたが、なんせその時刻が暮れも押し迫った大晦日。 しかも厳寒の深夜。
家から神泉苑まで歩いて10分とかからないくらいなのですが、家で紅白歌合戦を見ながらぬくぬくと過ごしている中からわざわざ寒空の中を出掛けるのは至難の業。
これまでなかなか重い腰を上げることが出来ませんでした。
そして、また来年行こう。 また来年・・・ と延ばしに延ばして幾年月。
このままでは一生、恵方回しを見ることができないのではないか?と少し焦りを感じ、今年は比較的気候も穏やかだったこともあり、エイヤッと思い切って出かけることにしました!

といっても紅白の斎藤和義を見てから・・・などとやはりグズグズしているうちに時刻は22:30を回ってしまい、慌てて防寒具を着込んで神泉苑へ。




a0191088_22443948.jpg

あらら、到着した頃にはすでに恵方社の方角は変えられており、ご住職が般若心経を唱えられているところでした。
新年の恵方は巳年であることから、南南東とのこと。

a0191088_22392432.jpg

ご覧のように、恵方社の周りには二重三重の人垣が。
この寒空の下、しかも大晦日の深夜にこんなにたくさんに人が集まるなんて!(驚)

a0191088_22471227.jpg

新しい方角に鎮座しました恵方社です。 
この石壇の上のお社の向きを人力でゴゴゴと変えるそうです。
小さくて古いお社ですが、新年の方角に向けられて、うん、気分的になんだか新鮮な感じ(笑)。

さて、お参りを済ませた後は・・・

a0191088_2251356.jpg

テントに向かって行列。
少し並びましたが、列はどんどん進んでいきます。 ここでは・・・

a0191088_22523373.jpg

神泉苑の境内でお店を構える祇園平八さんの年越そばが頂けるのです! ありがたや。

a0191088_22533499.jpg

おろしがのったあっさり目のおそば。 はぁ~温まる。。
この後、除夜の鐘を突くこともできるのですが、私は待っていられずに断念。
でも十分に大晦日の年越行事を堪能することが出来ました。
ご近所さんなのにこれまで訪れなかったのが悔やまれます~。
[PR]

by esu-san | 2013-01-02 23:06 | 祭事


<< 大福まいり      新年 >>