2013年 06月 30日

智積院 その3

えすさん、怒る。

a0191088_15442665.jpg

いや、イヤな予感はしたのですよ。

拝観料を払い、まず収蔵庫へ入った時に、約20名くらいのおばさま集団に遭遇。
長谷川等伯の障壁画を見て、
「いや~じょうずに描いたあるわあ~!」
「こっち見て見て! これ桜よ!」 「いやあ綺麗やわねえ~!」

・・・。

ほうほうのていで収蔵庫を逃げ出しました。
悪夢は始まったばかりでした。。



a0191088_15535519.jpg

おばさま達は4~5名ずつのグループに分裂増殖し、お庭へと移動。
そしてそのどれもが、のべつ隈なくしゃべるしゃべるしゃべるしゃべる!

a0191088_16261844.jpg

感動を同行者と分かち合いたい、というのは分かります。
でも他にもお客さんがおられる中では、せめて隣の人と通じるくらいの音量に下げてもらわないと。
なぜ、周りの者全員に聞こえるようなボリュームで話すのだ?

しかも、目についたもの全てに対して感想を述べなければ気が済まない!とでもいうような、途切れなきマシンガン口撃。
しゃべるしゃべるしゃべるしゃべる。

a0191088_16254815.jpg

池に鯉がパシャンと跳ねると、
「きゃ~!!! パチパチパチパチ!(拍手)」
それはまるでテーマパークのアトラクションに接したかのよう。
お寺のお庭で拍手が起こる光景を私は初めて見ました。。

a0191088_16271751.jpg

もちろん、矢印で示してある拝観ルートは完全に無視。
とにかく興味のある方向に集団で右往左往するので、他の観光客の進行を妨げるわ、ぶつかるわ、
そのあまりの傍若無人ぶりに一言申してやろうか!
と思いましたが、それよりもとにかく早くこの場を立ち去りたい!という思いが強く、
逃げるように引き上げました。

拝観料を返せ! いや、智積院には何の落ち度もありませんよね。。
こんなタイミングに拝観した私が悪かったのだ、と思うことにします。。
[PR]

by esu-san | 2013-06-30 16:32 | 寺社仏閣


<< 出水の小川      智積院 その2 >>