京都no時間

esusan.exblog.jp
ブログトップ

2012年 10月 23日 ( 3 )


2012年 10月 23日

近江路・ビワイチ旅紀行 11 ~向源寺(渡岸寺観音堂)~

さて、雨森集落を後にして、来た道を元に戻ります。

そして再び「高月観音の里歴史民俗資料館」に自転車を止めた後、歩くこと1分。

a0191088_22373912.jpg

向源寺(渡岸寺観音堂)。
言わずと知れた、国宝十一面観音立像がおわしますお寺です。

が!
時計を見ると、あと10分で電車が出る時間。
それを逃すと次の電車まで1時間は待たねばなりません。

この辺りを電車で旅する時には、本数の少ない電車のダイヤに旅の予定が大きく左右されます。
いかにタイムロスを少なくして効率よく回れるか。。

一瞬、躊躇しましたが、迷っている時間はありません。
今回は泣く泣く十一面観音立像の拝観を断念いたしました。

観音さまは再訪するまで、きっと待っていてくださいますでしょう。

More
[PR]

by esu-san | 2012-10-23 23:17 | 近江路・ビワイチ旅紀行
2012年 10月 23日

近江路・ビワイチ旅紀行 10 ~雨森芳洲庵~

雨森芳洲をご存知ですか?

【雨森芳洲】
 江戸時代に高月に生まれた儒学者。18歳の頃に江戸に出て木下順庵門下生となり、のちに対馬藩に仕えて朝鮮との交流に尽力した。

a0191088_2254298.jpg


雨森芳洲庵は地元に人々の熱意により、国際交流と湖北文化の伝承を願って、生家と伝わる本家跡地に建てられたとのこと。
芳洲の志を継ぐ活動の拠点として活用されているそうな。

どれ、中に入ってみましょう。

More
[PR]

by esu-san | 2012-10-23 21:58 | 近江路・ビワイチ旅紀行
2012年 10月 23日

近江路・ビワイチ旅紀行 9 ~雨森集落~

JR高月駅から自転車で20分ほど走ると、雨森集落に着きます。

a0191088_20125120.jpg

至る所に水路が走り、綺麗な花が咲く花壇がうるおいのある景観を作り出しています。

長浜市では昭和60年に「ふるさと滋賀の風景を守り育てる条例」が施行され、雨森集落は同条例に基づく近隣景観形成協定地区第1号に名乗りをあげたそうです。

地域住民が熱心にまちづくりに取り組む雨森集落を散策してみましょう。

More
[PR]

by esu-san | 2012-10-23 19:59 | 近江路・ビワイチ旅紀行