カテゴリ:近江路・ビワイチ旅紀行( 45 )


2012年 10月 21日

近江路・ビワイチ旅紀行 4 ~五個荘(外村繁邸)~

五個荘の近江商人、豪商たちの屋敷を見てまいりましょう。

まずは外村繁邸。

【外村繁】
 明治28年(1895)、四代目外村宇兵衛の妹みわに婿養子吉太郎(1868-1953)を迎えて分家したのが始まり。東京日本橋と高田馬場に呉服木綿問屋を開き、活躍した。吉太郎の三男は、私小説家として知られる外村繁(1902-1961)。繁は、一時家業を継ぎ商人となるが、文学を志し弟に家業を託す。「草筏」「筏」「花筏」など近江商人を題材とした小説や自らの人生をつづった数多くの作品を残した。(東近江市観光協会HPより)
a0191088_131371.jpg

暖簾がふわりと揺れて、旅人を誘います。

他の商人たちとは違い、作家としての道を選んだ外村繁。
屋敷全体にどこか静謐な雰囲気が溢れています。

More
[PR]

by esu-san | 2012-10-21 14:07 | 近江路・ビワイチ旅紀行
2012年 10月 20日

近江路・ビワイチ旅紀行 3 ~五個荘(町並み)~

【五個荘】
 近江商人発祥の地の一つ。江戸から昭和初期にかけて数多くの商人を輩出したが、彼らは郷里を大切にし、五個荘の本宅をそのまま守り続けてきたため、調和のとれた格調高い町並みが現在に至るまで保たれている。重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。
a0191088_2392280.jpg

白壁、舟板、松の木・・・
懐かしさというよりも、もっと前、時代劇を彷彿とさせる町並み。
散策しながら綺麗な町並みに思わず見惚れてしまいます。
膝の痛みも忘れようというもの(笑)。

More
[PR]

by esu-san | 2012-10-20 23:31 | 近江路・ビワイチ旅紀行
2012年 10月 20日

近江路・ビワイチ旅紀行 2 ~能登川~

降り立ったのは、JR能登川駅。

a0191088_21484029.jpg

綺麗な弧を描く駅舎。
む、これはもしかして、水車をイメージしているのでしょうか?
さきほどの観光案内図にも大きな水車が描かれてましたし。。

実は能登川駅にはここからバスに乗り換えるためだけに降り立ったのですが、
今回の旅では「ビワイチ」を遂行するという任務のほかに、自主的に決めたテーマがいくつかあります。
その一つが、
〇人と水との関わり・暮らしぶりを見る
というもの。
琵琶湖の周辺に暮らす人々はどのように水と関わってきたのか、その生活とはいか様なものなのか。
それらを知るための目印として密かに目論んでいたのが、
「水車を探す」
ということだったのです。

ええ、単純なのです(笑)。

今回は旅の前に下調べを行う余裕がありませんでしたので、能登川、すっかり見落としていました(汗)。
後で調べてみると、大きな水車伊庭内湖のカヌーランドというところにあるようです。
カヌーにも乗れるし(一度乗ってみたい)、これは面白そう!
いつか家族を連れて遊びに行こうと思います。

さて、せっかくの能登川です。
バスの出発まで少し時間があるので、辺りを散策してみましょう。

More
[PR]

by esu-san | 2012-10-20 16:47 | 近江路・ビワイチ旅紀行
2012年 10月 19日

近江路・ビワイチ旅紀行 1 ~出立~

さあ、今年も始まりました。 近江路ブロガーの旅。

2泊3日でビワイチ(琵琶湖をぐるっと一周すること)を遂行するために、いろいろとプランを練っていたのですが・・・
直前に右膝の靭帯を痛めて歩行がままならない状態になったり(涙)、
また出発の間際になって仕事の都合により当初予定していた日程を急きょ変更したり(大汗)、
(その際には主催者である滋賀県観光交流局の担当者様はじめ、お宿の関係者様には多大なるご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。無理なお願いにもかかわらずご対応いただきましたこと、この場を借りて厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。)

とまあ、なんとも落ち着かず、また膝に爆弾を抱えた状態での出立となりましたが、
とにもかくにも、滋賀県が待っているのです!

a0191088_1631132.jpg

昨年は朝5時半に家を出るという、かなりハードな日程を組んだのですが、
今年は比較的余裕のある朝7時半に出発しました。
今回は2泊3日という長丁場。 無理は禁物です。

いよいよ旅が始まります!

More
[PR]

by esu-san | 2012-10-19 16:17 | 近江路・ビワイチ旅紀行
2012年 10月 18日

ビワイチ

「ビワイチ」という言葉をご存知でしょうか?

「ビワイチ」・・・琵琶湖を一周すること

サイクリング、徒歩、電車など、その手段は問いません。
琵琶湖は一周約200km。
大きな湖をぐるっと一周。
う~ん、夢とロマンを感じます!


さて、私はここ数年、毎年秋になると滋賀県を旅してきました。
いすれも滋賀県観光交流局主催の催しに参加させていただいたものです。

一昨年→近江路・歴女ブロガー
昨年  →近江路・仏女ブロガー旅紀行

さあ、今年は?

そうです、ビワイチです!

琵琶湖をぐるっと一周するのです!

今年も滋賀県観光交流局にご招待いただきました。
9名のブロガーが近江路を旅して、その様子をレポートすることになります。

→ 県政e新聞
→ 滋賀報知新聞

与えられたミッションは、「琵琶湖を一周できるような「ビワイチ」ルートを二泊三日で取材し、観光資源の発掘、再発見をはかり、滋賀の旅の魅力や観光情報をブログで全国に発信してもらう」というもの。

そして・・・2泊3日の近江路の旅を終えて帰ってきました~。

a0191088_23263054.jpg

さてさて、どのような旅になりましたでしょうか。。
次回からはその様子を報告したいと思います!
[PR]

by esu-san | 2012-10-18 22:55 | 近江路・ビワイチ旅紀行