カテゴリ:近江路・仏女ブロガー旅紀行( 31 )


2012年 04月 07日

ニュースリリース

先日、ご報告しました「近江路・仏女ブロガー旅紀行」の優秀ブロガー発表について、
滋賀県のHPに報道発表されていますので、お知らせいたします。

県政e新聞

これによると、次の5つの選考基準が示されています。

1滋賀県の仏教文化等の魅力が伝わる内容であること
2滋賀県の物産(たべもの、おみやげ等)の魅力が伝わる内容であること
3滋賀県の観光・宿泊施設についての魅力が伝わる内容であること
4観光情報等が豊富で的確に示されていること
5斬新な視点、提案が示されていること

そ、そうだったのか…
そんな基準があったとは露知らず、好き勝手にレポートしてました。。

さらにこの報道の「別紙一覧(PDF)」をクリックすると…
ああなんと!当選理由が赤裸々に書かれているではありませんか!

More
[PR]

by esu-san | 2012-04-07 18:36 | 近江路・仏女ブロガー旅紀行
2012年 04月 02日

当選!

あれは5ヶ月前のこと。
2011年10月、私は“仏女(仏男?)”として滋賀県の湖南地方を旅しました。
そしてその一泊二日の様子を「近江路・仏女ブロガー旅紀行」としてレポートさせていただきました。
普段なかなかお目にかかれない貴重な神仏をこの目で拝見できたこと。
身にそぐわぬ豪華なホテルライフと地元食材をふんだんに使った料理を堪能したこと。
そして駆け足ではありましたが、人と触合い、歴史を感じ、滋賀県の奥深さを肌で感じたこと。
今でもあの時の旅を思い出しては「良かったなあ。。」と余韻に浸ってニマニマしているのです。。

そんなある日、一通のメールが届きました。
差出人は滋賀県観光交流局。

「あなた様が優秀ブロガーに当選されましたので、お知らせいたします。」

な、なんですと?! 
私が?? 優秀ブロガーに?? 当選?!

なんと、私のレポートが“優秀ブロガー”に選ばれてしまいました~!!

ふーっ、ふーっ。。

確かにこの取組みの応募要綱に「優秀な作品を5つ選定し…」と書いてあります。
しかし、まさかまさか私が選ばれるとは。。
ほんとに私でいいのですか? 間違いではないのですか?
なぜ私を選んでいただいたのか、その理由を知りたいような、知りたくないような…

なんにせよ有難き幸せ、恐悦至極にございます。。

今回、優秀作として選ばれたブログはこちらから見ることが出来ます。恥ずかしながらワタクシのも…
旅行ブログコンテストBEST5!

また、仏女の声から生まれたお勧めスポットマップも作成されたようです。
仏女おすすめスポットマップ

なお、「江のふるさと滋賀」のHPからもリンクが貼られています。
こちらからは一昨年の「歴女ブロガーの旅」についても見ることが出来ます。


はぁーびっくりした。。

と、ここで応募要綱をよくよく見ると…
そこには「表彰者には滋賀県の名産品をプレゼントいたします。」と書いてあるではありませんか!
なに?なに?名産品ってなに?
これはもう、頂ける物は頂いて、さっさと雲隠れした方がよいのではないか。。
なんて興奮のあまり気が動転してうろたえている内に…

ピンポーン!「宅急便です~!」

我が家に名産品が届きました!

More
[PR]

by esu-san | 2012-04-02 22:39 | 近江路・仏女ブロガー旅紀行
2011年 11月 06日

近江路・仏女ブロガー旅紀行  ~まとめ~

近江路・仏女ブロガー旅紀行としてブログにUPしてきた記事は、右欄のカテゴリ「近江路・仏女ブロガー旅紀行」をクリックしていただければ、一覧が表示されますので、ぜひご利用ください。
念のため、こちらにも表示しておきますね。
また、今回の旅において、参考とした資料なども挙げておきます。


【記事一覧】

[出発前]
 ・仏女になります。

[1日目午前]
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 1 ~旅立ち~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 2 ~始まりは甲西~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 3 ~磨崖不動明王像~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 4 ~湖国十二坊温泉ゆらら~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 5 ~善水寺(1)~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 6 ~善水寺(2)~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 7 ~めぐるくん~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 8 ~石部宿~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 9 ~琵琶湖ブルー~

[1日目午後]
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 10 ~伊勢廻寺~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 11 ~櫟野寺~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 12 ~大池寺~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 13 ~美冨久酒造~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 14 ~大津夜景~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 15 ~琵琶湖ホテル(1)~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 16 ~琵琶湖ホテル(2)~

[2日目]
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 17 ~琵琶湖ホテル(3)~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 18 ~ほたるのまち~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 19 ~勝部神社~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 20 ~十王寺~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 21 ~今宿一里塚~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 22 ~東門院~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 23 ~門前茶屋かたたや~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 24 ~草津宿本陣~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 25 ~道灌蔵~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 26 ~芦浦観音寺、花摘寺跡地~
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行 27 ~草津市立水生植物公園みずの森~

[まとめ]
 ・近江路・仏女ブロガー旅紀行  ~まとめ~
 ・当選!
 ・ニュースリリース


【参考書籍】
 
a0191088_22515092.jpg 『てくてく歩き22 琵琶湖近江路』 ブルーガイド
 副題に「マイカーではなく徒歩と電車でおいしく旅する」とあります。湖北の観音巡りにうってつけの拡大地図も付いています。

a0191088_22545981.jpg 『仏像のひみつ』 山本勉著 朝日出版社
 仏像入門に最適。目からウロコがぼろぼろ落ちます。

a0191088_23101324.jpg 『見仏記4』 いとうせいこう みうらじゅん 角川文庫
 言わずと知れた見仏記シリーズの第4弾。湖南地方が掲載されています。

a0191088_23103065.jpg 『びわ湖百八霊場公式ガイドブック』 淡交社
 綺麗な装丁。構成も洗練されており、持っているだけでも嬉しい気分になります。

a0191088_23104737.jpg 『滋賀県の歴史散歩 上 大津 湖南 甲賀』 山川出版
 マイナーな史跡も紹介されており、とても重宝しました。



【ホームページ】

滋賀県観光情報
    まずはこちらから様々な情報を仕入れるための、入り口的存在。
神仏います近江
    これまでにない三館共同開催の催し。ただいま展覧中。
滋賀を歩こう。~充実の42コース~
    滋賀を歩く際にはとても役に立ちます。
江のふるさと滋賀  仏女ブロガー
    これが私たちのブログ集。皆様の記事を拝見すると新たな発見が一杯です。
県政e新聞
    今回の取組みについて。
JTB観光情報ナビ
    今回の旅の募集要項。
[PR]

by esu-san | 2011-11-06 23:49 | 近江路・仏女ブロガー旅紀行
2011年 11月 06日

近江路・仏女ブロガー旅紀行 27 ~草津市立水生植物公園みずの森~

近江路・仏女ブロガーの旅、最後にお届けするのは、“みずの森”です。

→ 草津市立水生植物公園みずの森ホームページ

JR草津駅からはバスで約25分。

a0191088_22492838.jpg

目印である大きな風車が出迎えてくれました。
「くさつ夢風車」と名づけられた風力発電施設。
風力発電が盛んなドイツ製で、高さはなんと95mもあるそうです。

a0191088_0225778.jpg

この日は点検のため停止中でしたが、琵琶湖の湖岸を車で走ると遠目からでもよく目立つ、シンボル的な存在です。

さて、ここ“みずの森”はブロガーパスを提示して入場しました。
ブロガー特典で入場料が無料になるのです。

しかし、そもそもなぜ仏女ブロガーの旅なのに、植物園?と疑問に思われたかもしれません。
その理由は…

More
[PR]

by esu-san | 2011-11-06 00:49 | 近江路・仏女ブロガー旅紀行
2011年 11月 05日

近江路・仏女ブロガー旅紀行 26 ~芦浦観音寺、花摘寺跡地~

(実はこちらが最後に訪れた訪問地になるのですが、記事の構成上、こちらを先にUPいたします。)

JR草津駅からバスに乗って15分。
“芦浦”というバス停で途中下車しました。

バス停からさらに歩くこと10分少々。
まわりは長閑な田園風景が広がります。

a0191088_17215345.jpg

太陽が傾いてきました。
時刻は4時を回ろうとする頃。
次第にどこか追われるような気持ちになってきます。
BGMはRobert Milesの「Children」

やがてこんもりした森が見えてきました。

More
[PR]

by esu-san | 2011-11-05 22:29 | 近江路・仏女ブロガー旅紀行
2011年 11月 05日

近江路・仏女ブロガー旅紀行 25 ~道灌蔵~

草津宿街道交流館を出てしばらく進むと、商店街のアーケードに足組みが組まれ、なにやら工事をされている様子。
リニューアル工事かな?と思っていたのですが、後日、その様子が京都新聞に掲載されていました。

→ 京都新聞10月24日記事「さらば昭和のアーケード 草津・本四商店街」 期間限定のリンクになります。

どうやらアーケードを撤去されるようです。
撤去後は、街道や寺院が残る旧東海道ならではの景観を観光に生かしたいとのこと。
なるほど、一つの時代が終わったのですね。。

さて、次なる目的地はこの工事中のアーケードの中。
足場が組まれているため見落としてしまい、いったん通り過ぎてふと横を見ると…

a0191088_14285334.jpg

とてつもなく大きな蔵。
青空に白壁が眩しいです。。

More
[PR]

by esu-san | 2011-11-05 15:23 | 近江路・仏女ブロガー旅紀行
2011年 11月 05日

近江路・仏女ブロガー旅紀行 24 ~草津宿本陣~

JR守山駅から2駅。
約5分で次の目的地である草津に着きました。
草津といえば、言わずと知れた宿場町。

【草津】
 草津は、東海道の52番目の宿場町で、中山道との合流・分岐点として重要な位置を占めていた。
 宿場町の長さは約1.3km、旅籠118軒、本陣2軒、脇本陣4軒が置かれていた。本陣は田中九蔵本陣と、田中七左衛門本陣であったが、九蔵本陣は明治時代以降に絶えて、建物も取り壊され、七左衛門本陣だけが、ほぼ完全な姿を今に残している。

a0191088_22244036.jpg

駅を出ると、屋根瓦をのせた門が出迎えてくれます。

っと、その前に、駅の改札を出て直ぐのところに店を開く観光案内所に立ち寄りました。
散策マップを手に入れて、案内所の方と少しお話を。
私「あの、1時間しかないのですが、見て回れますかね?」
観「え、1時間で? うーん、どうだろう。 急いで回れば、うーん。。」
返事を待つのももどかしく、とりあえず行ってみます!と猛ダッシュ。

そうなのです、次の移動はここからバスを利用する予定なのですが、発車時刻まであと1時間しかないのです。
時間がないのです。
東海道を走り抜けた飛脚のごとく、わっせわっせと駆け出しました。

More
[PR]

by esu-san | 2011-11-05 00:06 | 近江路・仏女ブロガー旅紀行
2011年 11月 04日

近江路・仏女ブロガー旅紀行 23 ~門前茶屋かたたや~

時刻はお昼の12時を回った頃。
予想外に時間が経過してしまいました。
とりあえず、東門院を訪れるという守山での大願を果たしましたので、駅に戻りましょうか…
と、歩き出したところで、すぐに足を止めました。
東門院のすぐ隣に瀟洒な建物。

a0191088_22271467.jpg

【門前茶屋かたたや】
 江戸時代後期の天保年間(1830~1843)の頃、中山道守山宿の東門院の門前に「堅田屋」という一軒の茶屋があった。それから170年余りが経ち、その「堅田屋」と同じ場所、同じ建物で「門前茶屋かたたや」が誕生した。
 当時の梁や柱、土壁、格子、虫籠窓、階段箪笥などを残しながら、最新の技術で耐震性、機能性を高めている。

表に出されている看板を見ると、ランチもいただけるようです。
即断即決、ここでお昼を食べていくことにしましょう。

More
[PR]

by esu-san | 2011-11-04 21:57 | 近江路・仏女ブロガー旅紀行
2011年 11月 03日

近江路・仏女ブロガー旅紀行 22 ~東門院~

ちょっと語ります。

この近江路・仏女ブロガーの旅が湖南地方に決まり、事前に下調べをしていた時に、一つの記述が目に留まりました。
それは、東門院について書かれていました。

【東門院】
 比叡山延暦寺の東門として建立されたのが始まりと伝えられる。
 比叡山を守るという意味で「守山寺」とも呼ばれ、地名も守山を賜った。

!!!
(比叡)山を守るから、守山?!
守山という地名にそんな由来があったなんて!

a0191088_0205336.jpg

京都で生まれ育った身としては、これまで幾度となく目にしてきた“守山”という地名。
しかし、目にする度にどこか引っかかるものがあったのです。
通常、地名はその土地の地理的な特徴を表すことが多いのですが(“大津”とか“長浜”とか。)、なぜか守山は“守る”というとても人間臭い言葉が入っているのですね。
これがその違和感を覚える原因だったと思うのですが、
なぜ、“守る”? “守る”って?

今回の旅を契機に、長年密かに抱いてきた違和感が氷解しました。
比叡山を守るから、“守山”って言うんだ!

一人で興奮しています…
単純ですみません。。

これはもう、東門院を訪れねばなりますまい。

しかし… あらかじめ東門院さんのホームページから拝観の可否について問い合わせするも、出発日まで何の回答もなく。
まあでも、その地に立つだけでも良しとしましょう!
昂ぶる気持ちを抑えながら、東門院さんを訪れたのでした。

More
[PR]

by esu-san | 2011-11-03 15:17 | 近江路・仏女ブロガー旅紀行
2011年 11月 03日

近江路・仏女ブロガー旅紀行 21 ~今宿一里塚~

【守山宿】
 守山は中山道の宿場町。
 江戸幕府が中山道を整備した際、守山を67番目の宿場とした。守山本町だけでは不十分なので、今宿と吉身が加宿となり、「京発ち(だち)守山泊まり」(朝、京を発ったら守山で日が暮れる)という言葉とともに、おおいに発展した。

その名残を見ることができます。

a0191088_2250286.jpg

街道沿いに立つ風情ある建物。
当然、現在は現在の住民がここで過ごされているわけですが、
それにしてもこの雰囲気はタダ物ではありませぬ。。

More
[PR]

by esu-san | 2011-11-03 00:35 | 近江路・仏女ブロガー旅紀行